Home > 多汗症の手術

多汗症の手術 Archive

多汗症の手術の種類と内容とは

多汗症は、交感神経が過度に作用して多くの汗をかくことが原因であるため、その交感神経の動きを抑えようというのが手術の目的です。
最近は、患者の負担が少ないということで、内視鏡を使った手術が多くなっているようです。
内視鏡を使った交換神経切除
内視鏡によるこの種の手術では、身体を数ミリ切り、そこから胸腔鏡(スコープ)を入れて、交換神経を切除することになります。
たとえば、掌の発汗を抑える手術の場合であれば、胸部交換神経を遮断する必要があります。この場合は、脇を数ミリ切り、この手術をすることになります。開腹等の手術とは異なり、時間が短く、患者の負担が少ないとい…

Home > 多汗症の手術

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top