Home

あなたの多汗症を改善するには

主な多汗症治療について考えよう!

多汗症の治療は、本来であれば症状の違いによって行なわれるべきものです。
ただ、最初は医者に行くのではなく、薬局で手に入れることができる外用薬で済まそうとする人が多いようです。
まずは、その外用薬についてです。
多汗症の外用薬
多汗症の外用薬は、「塩化アルミニウム」が含まれた制汗剤(デオドラント)が挙げられます。「塩化アルミニウム」が含まれた制汗剤は、市販されているものも、専門医で処方されるものもあります。専門医で処方される制汗剤は、市販品より、「塩化アルミニウム」の濃度が高いものがあります。ただ人によっては、かゆみやかぶれという副作用が起こるため注意が必…

多汗症の手術の種類と内容とは

多汗症は、交感神経が過度に作用して多くの汗をかくことが原因であるため、その交感神経の動きを抑えようというのが手術の目的です。
最近は、患者の負担が少ないということで、内視鏡を使った手術が多くなっているようです。
内視鏡を使った交換神経切除
内視鏡によるこの種の手術では、身体を数ミリ切り、そこから胸腔鏡(スコープ)を入れて、交換神経を切除することになります。
たとえば、掌の発汗を抑える手術の場合であれば、胸部交換神経を遮断する必要があります。この場合は、脇を数ミリ切り、この手術をすることになります。開腹等の手術とは異なり、時間が短く、患者の負担が少ないとい…

日ごろの多汗症対策

多汗症のレベルの違いに関係なく、日ごろから過度の汗をかかない生活を心がけたいものです。
薬にしても、手術にしても、日ごろの生活習慣の改善にしても、着実に自分が多汗症を改善するために、一歩一歩前に進んでいることを実感できるのは大切なことです。
多汗症のことを気にかけて、日々の生活を暗く過ごすのでは精神的に良くありません。精神的に落ち込んでいると、悪循環になってしまい、ますます多汗症がひどくなってしまいます。
そこで、この項では、汗を抑えるための生活習慣について考えてみましょう。
食事から考える多汗症対策
食べる食事内容によって、汗のかき方や質が変化…

【緊急リサーチ】多汗症とは

多汗症で悩む人が年々増えています。
このホームページに来てくださった多くの方が、汗が多く出てしまうことに悩んでいます。自分が不快と思うほどに汗が出てしまうのは本当に嫌なものです。
多汗症とは
多汗症という言葉を聞く機会が増えていますが、実際に「多汗症とは」、どのような言葉の定義があるのでしょうか。
Wikipediaで、多汗症について調べてみました。
『多汗症(たかんしょう)とは、緊張・不安などのストレスから交感神経が狂い、体温上昇とは関係なく汗が過剰に放出される疾患である。(悲しい時に涙が分泌されることと同じである。) 頭部・手・脇に多く見られ…

多汗症の代表格: 手掌多汗症とは

多汗症は、「全身性多汗症」と「局所性多汗症」に大別され、局所性多汗症はさらに、手掌多汗症、足裏多汗症、味覚性多汗症などに分類されます。
この項では、特に悩んでいる人が多い、「局部性多汗症」の一つである手掌多汗症について考えてみましょう。
手掌多汗症とは
手掌多汗症とは、緊張や不安に関わらず、通常の精神状態でも掌に汗をかく症状を表しています。多くの人が緊張すると、手に汗をかきますが、手掌多汗症の場合、精神的に不安定な状態でなくとも汗をかくのが特徴です。このように、精神的な問題から多汗症が起こっているとは限らない場合もあるということを理解しておく必要があります。

Home

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top